新庄コミュニティFM
市民株主募集のごあんない
新庄コミュニティFM
新庄コミュニティーFM(仮称)は、
まちを元気にする放送局

いま、新型コロナウイルス禍や豪雨災害などもあり、全国の地方都市が、さらに元気をなくしています。

新庄市も例外ではありません。

実は、地方が元気を失うひとつの理由が、コミュニケーションの不成立です。

おいしいお店、専門的な知識を持つお店や、すぐれたノウハウを持つ事業者、面白いイベントがあっても、そのことが伝わっていなければ、ないのと同じです。

まちには、さまざまな分野で頑張っているひとがいます。

そのことが伝わって、まちのひとが利用し、参加して、まちは元気になります。

このコミュニケーションの成立をお手伝いするのが、 新庄コミュニティFM(仮称)です。

新庄コミュニティFM
コミュニティFM放送局とは?

1992年に制度化された放送局で、市町村単位を放送エリアに放送を行う放送局です。

コミュニティFMは、総務省の免許により開局・放送を行うものです。

また、局名にFMとつくので、これまでのFM放送局と同じようなイメージを持たれるかもしれませんが、実は全く異 なる「地域限定」の放送局です。

(※現在、総務省に放送免許申請中)
コミュニティ放送は、地域限定の放送局

コミュニティ放送は、放送エリアを限定しています。

開局する新庄コミュニティFM(仮称)は、新庄市とその周辺市町村の情報を中心に放送する 「新しいメディア」です。

たとえば・・・

  • 「季節の生菓子、本日から販売です。 新作の菓子も同時発売します」
  • 「市民プラザで、○○展を開催しています。是非おいでください」
  • 「うちのイヌがいなくなりました。特徴は○○です。見かけた方は連絡をください」
  • 「人手が足りなくて、明日の○時から○時まで○○の仕事手伝ってください」
  • 「○○付近で、交通事故が発生し、現在通行止めです。○○方面に迂回してください」
  • 「○○川がまもなく危険水位に達します。○○地区の皆さんは、○○へ避難してください」
  • 「学校帰りの児童が不審者に声をかけられました。地域全体で一層の見守りをお願いします」

などなど新庄市及びその周辺の情報や、 医療・福祉、法律、子育てなどの様々な情報を、毎日「生」で放送します。

防災メディアとしても、 注目されるコミュニティ放送

新庄市及びその周辺は、これまで災害などに関しては比較的安全でした。

しかし、一昨年8・9月の豪雨災害のように、いつ発生しても不思議ではないのが昨今の状況です。

また、直近の新型コロナウイルス禍は、未知の対応を迫られる未曽有の「災害」といえ ます。

このように、想定外の様々な災害が、全国至る所で発生しています。

コミュティ放送局は、地域限定で、ピンポイントの情報発信をするために開局するわけですから、地域住民にとって重要な情報を即座に伝えることが期待できます。

大雨、台風、大雪、地震、そして新型コロナウイルス禍・・・。

このような時も、市役所や国・県などと連携して、地域に暮らすひとたちの気持ちに寄り添った 放送を心がけ、安心を届けていきます。

たとえ停電になっても、乾電池があればどこでも聴くことのできるのがラジオの魅力です。

カーラジオやスマートフォン(予定)でも聴くことができます。

いざという時に、役に立ち、頼りに なるのが、ラジオです。

運営は大丈夫?

コミュティ放送局は、全国に320局以上が開局していますが、実は、多くの放送局が運営に苦労しています。

そこで新庄コミュニティFM(仮称)は、開局以来18年間黒字経営を続けている放送局と連携し、そのノウハウを導入して安定経営を行います。

経営・今後のスケジュール
〒996-0027 新庄市本町 5-3
TEL 0233-23-0008
E-mail info@fm-shinjo.com

TOP